トップ / 精神面が髪の毛に影響

若ハゲは早期治療を

精神面が髪の毛に影響

若ハゲの原因はストレス

若年性脱毛症、いわゆる若ハゲの原因とされるものは多数あります。近年その最たるものと目されているのが、社会生活などで感じるストレス。ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、毛髪に多大な影響を与えます。

この自律神経の乱れが毛髪に与える影響について、詳しく見てみましょう。強い精神的ストレスを受けると、自律神経が緊張してしまいます。結果的に起こるのが、血管の収縮による血行不良。体の血行が悪くなると、毛髪に充分な養分が行き渡らなくなってしまいます。

また、自律神経の乱れによる過度な交感神経の活発化も、毛髪に悪影響を与えるものとして見逃せません。交感神経が活発に働き過ぎると、充分な睡眠をとれなくなります。睡眠不足が続いた結果として起こるのが、毛髪の育成に必要な「成長ホルモン」の分泌量低下。成長ホルモンの分泌が不十分な状態では、髪が正常に成長できません。

これに加えて、自律神経の乱れは皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化まで招いてしまいます。自律神経が乱れることでアドレナリンが過剰に分泌され、結果的に活性酸素の増加と皮脂の分泌過多が起こるのです。

以上のようなトリプルパンチを引き起こすのですから、ストレスは無視できません。社会的なストレスが強い現代において、抜け毛に悩む若者が増加するのも無理からぬことといえるでしょう。

では、ストレスによる若ハゲを回避するには、どうすればよいのでしょうか。社会生活で受けるストレスを完全になくすことは、難しいといわざるを得ません。ですが、工夫によってストレスを解消することは可能なはずです。

自宅にいる時間だけでもリラックスできれば、ストレスをかなり緩和できることでしょう。自宅でのリラックスに役立つのが、音楽やアロマ。交感神経の緊張を和らげるラベンダーやヒノキなどのアロマは、特におすすめです。

もちろん、音楽やアロマ意外にもストレスを緩和する方法はたくさんあります。ぜひ自分に適したストレス解消法を見つけて、若ハゲ対策に役立ててください。

Copyright © 若ハゲのチェックをしよう. All rights reserved.